外観は年月が経つと劣化する。定期的なメンテナスの必要性とは


重要性を知って対策を

塗装をする作業員

どんな住宅でも、新築時の外観を永遠に保つことは不可能です。 特に10年ほど経つと、家の外壁は汚れだけでなく、小さなヒビや剥がれ、黒いカビや苔などが目につくようになり、触ると手に白い粉状のものがつくといった変化が見られます。 実は、これは外壁塗装の劣化によるものなのです。 外壁塗装は、ただ家の外観を美しくするだけでなく、家そのものを守る役割があるのです。 外壁塗装には、雨風や大気、紫外線を防ぐ防水性・防候性・断熱性が備わっています。 そのため、これが劣化すると家を守る機能が失われ、水や熱が家内部にまで侵入し、柱や床といった構造部を腐食させる可能性が高まるのです。 こうしたことを防ぐために、外壁塗装のリフォームは欠かせないとされています。 外壁塗装のリフォームは、新築して7年から10年ほど経つとそろそろ工事に備える時期です。 リフォームというと、どうしても家電や住宅設備といった家内部に目が行きがちとされていますが、ここ最近は大切な家を長く保つためにも、外壁塗装などのエクステリアに目を向けるべきという意見が活発になってきています。

外壁塗装の重要性は、現在かなり広く理解されるようになっています。 しかし、多くの人はリフォーム工事について詳しいわけではなく、いったいどういった工程で進められるのか、またどのような塗料が使用されるのか等、分からないまま業者に任せてしまうことも多いようです。 こうしたことから、リフォーム代が言い値となり高額請求を受けてしまう、また悪徳業者による手抜き工事の被害といったような問題が発生してしまうのです。 このようなトラブルを防ぐためにも、必ず複数の業者から見積りを取って比較することが大切です。 しかし、その複数の業者を選ぶにも、いったい何を基準にすればよいのか分からないという意見も多いようです。 そうした方のために、多くの優良業者が登録している外壁塗装工事の一括見積りサイトの利用が推奨されています。 こうしたサイトでは、無料で簡単に複数の業者の見積りが取れることから、非常に便利と高い人気です。