外観は年月が経つと劣化する。定期的なメンテナスの必要性とは


注意点を知る

塗料とハケ

庭木などを伐採するには、自力で行うものと業者に依頼して行うものの2つの方法があります。 樹木の伐採に使われる道具としては、ノコギリがもっとも調達がしやすく誰でも扱うことができる道具ですが、一定の大きさの木になると、ノコギリで伐採するのは難しくなります。特に樹木が大きくなればなるほどその難易度が上がってきます。 伐採に便利な機械としては、チェーンソーがあり電気コンセントが用意できるのなら、電気チェーンソーでも十分ですし、レンタルで貸してくれるホームセンターもあります。 高い樹木を伐採するさいには、倒す方向をしっかりと定めておく必要があります。また思わぬ方向に倒れないようにロープを張って引っ張るなどしておくと安全に伐採することが可能です。

個人で樹木を伐採するのが、もっともお金の掛からない方法で、道具を買い揃える費用を考えても、業者に依頼するよりもお金が掛かりません。しかし、デメリットとしては、やはり安全性です。いくら安全対策をしていても、経験が少ないと思わぬ方向に倒れたりして、物を破壊したりケガのもととなります。 そのため、安全性を考えると専門業者に依頼するのが無難ですし、業者に頼む方が都合の良い場合があります。それは伐採した樹木の処理です。低木や小さい木であれば、小切って可燃物として処分することも可能ですが、大きな木となると、小切るのも大変ですし、その量もかなりのものになります。その点で専門業者に依頼すれば伐採から処分までトータルで行ってくれます。